English [en]   العربية [ar]   български [bg]   català [ca]   Deutsch [de]   ελληνικά [el]   español [es]   فارسی [fa]   français [fr]   עברית [he]   hrvatski [hr]   italiano [it]   日本語 [ja]   മലയാളം [ml]   Nederlands [nl]   polski [pl]   português do Brasil [pt-br]   русский [ru]   Shqip [sq]   தமிழ் [ta]   українська [uk]   Oʻzbekcha [uz]  

教育詳細 → なぜ学校で自由ソフトウェアだけを使うべきか

原文は英語で、これはその翻訳です。

なぜ学校で自由ソフトウェアだけを使うべきか

リチャード・ストールマン

すべてのコンピュータのユーザが自由なソフトウェアを強く主張すべき一般的な理由があります: 自由なソフトウェアはユーザが自分のコンピュータをコントロールする自由を与えてくれます—プロプライエタリなソフトウェアでは、コンピュータはソフトウェアの所有者が欲することを実行し、これは必ずしもユーザが実行したいことと同じとは限りません。自由なソフトウェアはまた、ユーザがお互いに協力し、まっすぐな生活を送るための自由を与えてくれます。こうした道理は、万人にそうであるように、学校に対してもあてはまります。この文章の目的は、とくに教育についてあてはまる追加の理由を述べることです。

教育活動(学校を含む)には自由なソフトウェアだけを教える義務があり、これにはいくつかの理由があります。

第一に、自由なソフトウェアにより学校の経費を節約することができます。自由なソフトウェアは他のユーザと同様に学校に対してもソフトウェアの複製や再配布を行う自由を与えてくれます。そのため、学校システムでは使用するすべてのコンピュータのための複製を作成することができるのです。貧しい国では、これにより情報格差をなくすことができるのです。

この明解な理由は、実際問題として重要ではあるが、底の浅いものです。プロプライエタリなソフトウェアの開発者は、学校へ複製を寄贈することにより、この問題を解消することができます。(注意: こうした提案に応じた学校は後日アップグレード費を支払う必要があるかもしれません。) 詳しい理由について見ていきましょう。

学校は社会的使命を負っています: 強く、有能で自立した協調的で自由な社会の一員となるよう、学生を教育することです。リサイクルを推奨するのとちょうど同じように、自由なソフトウェアの使用を推奨するべきです。学校で自由なソフトウェアを教わった生徒は、卒業してからも自由なソフトウェアを使っていこうとするでしょう。これにより、社会全体が大企業に支配(ないしは強要)されることから逃れられるのです。

学校が拒絶すべきは、依存することを教えることです。こうした企業は、タバコ会社が未成年者に無料でタバコを配るのと同じ理由で、学校にたいして無料のサンプルを提供します: こうして子供たちが中毒になるのです(1)。企業は学生がいったん成長し卒業してしまうと割引きをしたりしないのです。

自由なソフトウェアは、学生がソフトウェアの動作の仕組みを学習することを認めています。10代の学生の中には、自分のコンピュータやソフトウェアについてのあらゆることを学習したいと思う者もいます。こうして普段使っているプログラムのソースコードを真剣に読みたいと思うようになります。良いコードの書き方を学ぶには、学生はたくさんのコードを読んで、たくさんのコードを書く必要があります。実際に使われている現実のプログラムを読んで理解する必要があるのです。自由なソフトウェアだけがこうした学習を可能にしてくれるのです。

プロプライエタリなソフトウェアは学生の知識への渇望を拒絶します: 「あなたの望む知識は機密事項です—学習は禁じられています!」と言うでしょう。自由なソフトウェアはすべての人に学習することを奨励します。自由なソフトウェアのコミュニティは、「技術の聖職化」を拒絶します。技術を聖職視すると、一般大衆は技術がいかに機能しているかについて無関心なままとなるのです — わたしたちはどんな年齢やどんな状況の学生に対しても、ソースコードを読み、知りたいだけ学習することを奨励します。自由なソフトウェアを使用する学校は、有能なプログラムをする学生を進歩させることができるのです。

学校で自由なソフトウェアを使うべきもっとも根底にある理由は道徳教育にあります。わたしたちは、学校が生徒に基本的な事実や役に立つ技能を教えることを期待していますが、それは学校の責務のすべてではありません。学校のもっとも基本的な役目は、善良な市民としての行いを教えることにあり、これには人を助けるというしつけも含まれます。保育園をはじめ、学校は生徒達にこう教えるべきです。「ソフトウェアを学校へ持っていったなら、みんなと共有しましょう。また、誰かが学びたいと言った場合には、ソースコードをクラスのみんなに見せてあげましょう。」

もちろん、学校は自身が説き勧めることを実践しないといけません: 学校によりインストールされるすべてのソフトウェアは、学生が複製し、持ち帰り、さらに再配布することができるべきです。

自由なソフトウェアを使うこと、また自由なソフトウェアのコミュニティへ参加することを学生に教えることは、実践的な公民教育なのです。そうした教育により、実業家のサービスではなく、公衆サービスのお手本を学生に教えることになります。学校はすべての課程において自由なソフトウェアを使うべきです。

  1. R.J.レイノルズ・タバコ・カンパニーは、イベントに参加した子供に無料のタバコサンプルを配ったことにより、2002年に1500万ドルの罰金を課せられました。http://www.bbc.co.uk/worldservice/sci_tech/features/health/tobaccotrial/usa.htmを参照ください。

[FSF logo]“Our mission is to preserve, protect and promote the freedom to use, study, copy, modify, and redistribute computer software, and to defend the rights of Free Software users.”

The Free Software Foundation is the principal organizational sponsor of the GNU Operating System. Support GNU and the FSF by buying manuals and gear, joining the FSF as an associate member, or making a donation, either directly to the FSF or via Flattr.

先頭へ戻る